トマト

トマトの情報をまとめています。

旬の食材百科|フーズリンク

トマト(とまと):旬の時期と主な産地や特徴

味的に最も旬と言えるのは、春から初夏の時期と秋。

https://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/tomato.htm

トマトの品種、旬の時期など。

スーパーには一年中あるので実感がありませんが、春と秋が旬なんですね。

VEGEDAY|カゴメ

[トマト]おいしいトマトの見分け方と、保存のコツ

肩の部分やそのまわりが、よく張っている固くしまったものを選びましょう。手にとってずっしり重いのも、ひとつの目安です。

https://www.kagome.co.jp/vegeday/yasai/tomato/

選び方、保存法など。

重さは一個売りなら調べやすいですが、パックされているとどうすればいいのだろう。肩の部分というのは、ヘタのまわりかな?ここがしっかりしたものを選ぶといいそうです!

JAグループ

春・夏の旬野菜トマト|とれたて大百科

また、油脂と合わせると、吸収率が上がるので、オリーブオイルなどと一緒に摂るとよいでしょう。

https://life.ja-group.jp/food/shun/detail?id=6

旬カレンダー、栄養など。

油と相性がいいそうです。オリーブオイルやゴマ油、マヨネーズなどと一緒に食べると、味だけでなく栄養面でもいいようです!

トマト|野菜図鑑|野菜情報サイト野菜ナビ

2017年のトマトの収穫量のうち最も多いのは熊本県で、約12万8,200トンの収穫量があります。2位は約6万2,300トンの収穫量がある北海道、3位は約4万8,000トンの収穫量がある茨城県です。

https://www.yasainavi.com/zukan/tomato.htm

品種、産地など。

熊本県、北海道、茨城県あたりで、たくさん生産されているようです。

食育・農業体験|マイナビ農業

トマトの栄養と品種・保存法~おいしいトマトの見分け方~【野菜ガイド】

調理用のトマトは特に皮が厚いものが多く、ソースにする場合は皮をむくのがおすすめです。また種を取り除くと食感が良くなり、水っぽくなりません。

https://agri.mynavi.jp/2018_04_14_23708/

品種、皮のむきかたなど。

皮のむき方には、湯むきの他、火で炙ったりするする方法もあるようです。

トマトのちょっといい話|全国トマト工業会

トマトの歴史

しかし現カゴメ株式会社創始者・蟹江一太郎が舶来のトマトソースを手本に明治36年、国産のトマトソースを完成させました。それから5年後にトマトケチャップが製造され、日本のトマト加工業は産声をあげたのです。

http://www.japan-tomato.or.jp/knowledge/history.html

トマトの起源、加工品の歴史など。

便利でお手軽なトマトソース。今は当たり前のように入手できますが、最初はたいへんだったようです。

Follow me!

トマト” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

大根

次の記事

明太子